ベッドから車椅子に移乗するコツ

ベッドから車椅子へと移乗する際には、介護される人と介助者の両方が負担や不快感を感じないためにも、正しい移乗方法を知っておきましょう。

まずは、介護される人が移乗しやすい姿勢を作るために、浅く腰掛けて、膝よりも臀部が上にある状態や、足を開いて位置を整えておきます。

介護される人の膝の横から拳1個分開けた位置に、車椅子を置いて固定し、介助者は車椅子側の足を介護される人の延長線上に置き、反対側の足は踏み込んだ時に膝の位置が重なるような状態にしましょう。

移乗する際には、介助者と介護される人の腰の高さを合わせて、片手で肩甲骨を抑えつつ、もう片方の手で骨盤を抑えましょう。

持ち上げるのではなく、前方への移動を意識して、密着した状態が三角形になるように意識しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る