食事介助を楽にするサービス MFSやわらか食

介護用の食べ物は柔らかく食べやすくしていますので、見た目が本来の料理と大きく変わっていることから、食欲が湧かないという方も多くいらっしゃいます。

その見た目の美味しさから徹底した介護職を提供してくれるのが「MFSやわらか食」です。
「凍結含浸法」という特許技術を活用し、見た目は普通の料理と変わらない美しさ・栄養ですが、常識を覆す柔らかさを実現しています。

試しにバナナを使って色んな食材を潰してみると、スジの入ったタケノコやレンコン、にんじん、ごぼう、お肉などもバナナが潰れることなく潰すことができます。
これらの食材は殆どがプリンの柔らかさと同等で、プリンより少し固めでも豆腐よりは明らかに柔らかくなっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る