福祉用具をレンタルするポイントとは?

福祉用具の中にはレンタルできる物がありますが、上手に活用するためにはどうすれば良いのでしょうか?

レンタルできる福祉用具は車椅子や特殊寝台の他に歩行器や歩行補助器、手すりやスロープ、体位変換器や移動用リフトなど多岐に渡りますが、必要がないと判断したら返却する事ができますので、最初のうちは色々とレンタルしてみると良いでしょう。

介護度が低いうちは残存能力を活かして生活するのがオススメですし、介護度や身体状況が変化する事が考えられますので、福祉用具を購入するよりもレンタルして自分自身に合う福祉用具を探してみましょう。

基本的に福祉用具は在宅介護サービスを利用している人のみ使う事ができるので、在宅介護を受けていて福祉用具の使用を検討している方は福祉用具の専門員に相談してみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る