ベッド上での食事介助のポイントとは?

ベッドにいる高齢者へ食事介助する際のポイントについてご紹介いたしますのでぜひ知っておくと良いでしょう。

食事をする前にベッド上で食事に集中できるように環境を整えて、自力で座れない場合はベッドの角度を変更できるなら頭や足の角度を上げて、頭には枕を置いて体を安定させて嚥下しやすい状態を作るのです。

ベッド上での姿勢によっては高齢者に誤嚥のリスクがありますので、注意しながら介助を行う必要がありますよ。

食事する前に口腔の確認やケアをしておくと誤嚥しにくいでしょう。

ベッド上での食事介助は高齢者のポジショニングが重要ですが、ベッドから起き上がれて椅子に座れる高齢者であれば、ベッド上ではなく机と椅子での食事介助を行った方が良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る