女性介助者にオススメ!移乗介助の方法とは?

女性介助者が体格差のある高齢者を移乗介助する際のポイントについてご紹介いたします。

移乗介助では高齢者の足を自分の足でロックすると介助しやすくなると言われているため、高齢者の足が広がってしまわないように介助者が足を前に出してロックした状態で介助しましょう。

ベッドと車椅子の高さを同じにして、高齢者の体を少し前屈させた状態でベッドから車椅子へと斜めに移乗させるとスムーズかつ楽に介助できますよ。

外側の足は膝をロックするように心がけつつ、上半身は高齢者の肩甲骨を支えるようにすると安定感があるでしょう。

体格差がある高齢者を介助する場合、介助者の腕や腰などに負担がかかりやすいですから、スムーズにできる方法を実践する事が大切ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る