立ったり座ったりできる人への入浴介助方法とは?

自力で立ったり座ったりができる高齢者への入浴介助のポイントについてご紹介いたします。

入浴介助を行う前に、滑り止めマットやシャワーチェアなど介助に必要なアイテムを浴室に設置しておきましょう。

服の着脱など自力でできる事は高齢者自身の力でやってもらい、介助が必要な部分はサポートすると良いでしょう。

シャワーチェアに座った状態で洗える部分の体を洗ってもらい、浴槽の淵にバスボードなどを設置したり、シャワーチェアを活用して入浴しやすい状態を作ってから入浴してもらいましょう。

必要に応じて浴室に手すりを設置すると、よりスムーズに入浴できるでしょう。

高齢者が自力で難しい部分は介助して、快適な入浴タイムを実現しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る