歯磨き介助で大切な事とは?

腕や手を上手く動かす事が難しい高齢者に対しては、歯磨きの介助も必要不可欠ですよ。

歯磨き介助では、歯ブラシや液体歯磨きだけでなく、スポンジブラシやガーゼを準備しておきましょう。

歯ブラシはペンを持つ時のような持ち方で、歯の形に合わせて向きを変えながら磨きますが、ガーゼはゴム手袋やビニール手袋などを装着した指に巻いて磨きましょう。

歯ブラシに適量の液体歯磨きを付けたら、奥歯や内側など歯を一本ずつ細かく磨いていき、歯ブラシに付着した汚れはガーゼで拭き取りましょう。

歯磨き中に高齢者の顎が上がってしまうと、誤嚥してしまうリスクがありますので体勢に気をつけながら介助しましょう。

歯磨きの介助後には、スポンジブラシを使って余分な水分を拭き取ったら介助完了ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る