介助者の腰に負担をかけない移乗介助とは?

移動介助を楽に実践する方法を知っていれば、介助者への負担を軽減しながら介助する事ができますから、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょう。

よくある移乗介助方法として、介助者は座っている高齢者にできる限り近づいた状態で、高齢者の後ろで自分の手を組み、高齢者の手は介助者の背中に回してもらい、ベッドなどに移乗するケースがあるかもしれません。

まず大切なのは、高齢者のお尻を先に介助するという事であり、高齢者に少し体を横に傾けてもらい、介助者は高齢者のお尻の後ろを介助して、椅子から少し前に体をずらしてもらうのです。

お尻を椅子から少しでも前にずらしてもらう事によって、移動する距離を縮める事ができるため、介助が楽にできると言われていますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る