重さを消す?重度の方の車椅子介助

全介助が必要な方への車椅子介助は、介助者の体にも負担がかかる可能性がありますから、重さを消す介助を実践してみてはいかがでしょう。

立つ事が難しい方への移乗介助では、ベッドに座っている高齢者に対して、介助者は車椅子の反対側で膝を付いて重心を低くした姿勢になって高齢者の膝を支えましょう。

体は移乗先を向けた状態で、高齢者の横側で膝の側面に介助者の体を当てるようにしつつ、高齢者の腕を潜るようにして脇と背中を支え、高齢者はお辞儀のような姿勢になっているとお尻を上げやすいそうです。

介助者は真っ直ぐとした姿勢を心がけて、空いている手でバランスを取りながら介助を行い、持ち上げる介助は腰などに負担がかかりますから、引き寄せるようなイメージで介助をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る