スムーズな移乗介助の方法とは

移乗介助では、寝返りから起き上がったり、座位や立位姿勢など日常的な動作を複合していますが、車椅子への乗り移りでもベッドから出て移乗したり、トイレへ移乗する際にも活用するので日常的な生活の中で繰り返す動作を行っているのです。

実際、現場では複合的な動作を一つ一つ行うのではなく、寝ている状態から2人介助で力任せに高齢者の体を動かして介助するというケースもあるそうです。

力任せの介助では、日常生活の中で体の機能維持を促すことができないため、さらに高齢者の筋力低下が考えられるのです。

介助の基本は、ご自身で動ける事はご自身の力で行ってもらうということが大切ですし、介助時には高齢者が動きやすい側に移乗すると、残存能力を発揮させやすいそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る