食事介助を実践しよう

食事は人間が生きる上で必要不可欠ですから、何らかの要因で食事を摂ることが困難になった場合には、栄養を取り込むための介助が必要なのです。

栄養や水分が不足してしまうと健康にも影響してしまいますし、高齢者なら深刻な状態になってしまうことも考えられるのです。

何歳になっても健康的に生きたり、生活の質を維持したいなら、食べたり飲んだりする動作が何よりも大切ですし、タンパク質やミネラルや糖質、脂質やビタミンなどの栄養素をバランスよく摂取できる食事メニューを考えましょう。

高齢者の介助で気をつけなければならないのは脱水症状であり、これから暑い季節がやってきますので、体重ごとに1日で必要な水分摂取量を理解して、取り入れてもらうために介助しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る