食事介助では姿勢に気をつけよう

食事の時間を快適に過ごし、健康管理を行い、楽しく食べるためには介助者が食事ケアのポイントを理解していることが大切ですから、食事介助で大切なポイントについてご紹介いたします。

まずは、利用者さんの気持ちを食事に向かわせることが大切ですから、会話や声がけを積極的に行い、雰囲気作りしましょう。

食べる前に、誤嚥を防ぐための正しい姿勢作りを行うことが大切ですから少し前かがみになり、噛む力に関係していますので足がしっかりと床に付く椅子を選ぶようにしましょう。

机の高さも、利用者さんにちょうど良い高さに調節して食事の準備を行いましょう。

食事は健康を促進させたり、内臓の機能を回復させたり、五感で楽しむことにより脳にも良い影響を与えられるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る