嚥下機能が低下している方への正しい介助方法

生きていく上で食事を摂ることは必要不可欠ですが、嚥下機能が低下している利用者が食事を楽しむための介助方法についてご紹介いたします。

嚥下機能が低下していると誤嚥する危険性も高いですから、頭部が後ろに傾いた状態で食事を摂らないよう注意したり、口内に食べ物がある時には話しかけないようにして、食事に集中してもらいましょう。

口を開ける癖がある利用者に対して、食べ物が口内にある時には口を閉じるよう声がけを行い、食べ物を口内に運ぶ時には口腔の奥に入れると咽せてしまいますので注意しましょう。

食事中は、姿勢を正した状態で食べることで誤嚥を防ぐことができますし、スプーンに乗せる一口の量も少なめにするよう気をつけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る