安全に食事介助を行うなら、注意すべきポイントがありますので姿勢など理解して確認した上で介助することをオススメします。

介助者が適切な位置で介助を行うことで、利用者も安心して食事を楽しむことができますので、利用者の横に座り、口や喉の動きや飲み込みなどに注意して、利用者の食べるペースや状態に応じて食事介助を行いましょう。

食べ物を口に運ぶ際には、一口の量が多すぎても少なすぎても間違いなので、ちょうど良い量を意識して介助しましょう。

通常、食べ物を咀嚼して飲み込む際には嚥下反応が起こりますが、喉に食べ物が詰まると一瞬だとしても危険ですから、誤嚥予防として空嚥下や交互嚥下を促すことが大切ですよ。

咳きこませたり、疲れたら休ませることも大切なので、食事を楽しみつつ体の機能を活性化させましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る