食事介助、高齢者にとっての食事とは

食事は、日々の健康を促進したり、生命維持には欠かせない役割を持っていますが、それ以外にも食卓をみんなで囲み、食事を楽しむことで日々の生活に潤いを与えることができるのです。

高齢者にとって食事とは、人間として生きているということの証明であり、健康のバロメーターとも言えますし、さらに食事はやる気を高めたりする効果もありますので自立のきっかけにもなりますよ。

高齢により、食事の嗜好や味覚が変わったことで、消化機能の低下を引き起こすことも考えられますし、歯が抜けることにより咀嚼機能の低下する恐れがありますが、毎日健康的に過ごすためには適切な対策が必要です。

誤飲を防ぐためには、むせにくい食事を作るなどの工夫を行い、安全かつ楽しく食事ができるよう介助を行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る