在宅介護でトイレを活用しよう

在宅での介護を行う際には、介助者側と介護される人の負担を軽減させるためにも、介護の工夫や方法を覚えておきましょう。

トイレの介助では、トイレに行ったり座ったりする動作で時間がかかってしまうため、オムツを使用するという方法もありますが、介護される人のトイレに行きたいという気持ちを尊重することも大切ですよ。

介助者はトイレ付近に段差を無くして手すりを付けたり、車椅子での出入りも考えて広いスペースを作ったり、症状に応じて排泄しやすい環境作りを行い、さらに冬には暖房器具があると快適に排泄することができますよ。

ポータブルトイレは、トイレまで行くのが困難な夜間などの使用にオススメですから、通常のタイプの他に、手すり付きや家具のようにカモフラージュできるタイプからお選びください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る